飛行機

ひこうき
飛行機が青空を行きます。
いいなぁ、どこまで行くんだろう。
思い出した詩を載せます。

    飛行機    石川啄木

  見よ、今日も、かの蒼空に
  飛行機の高く飛べるを。

  給仕づとめの少年が
  たまに非番の日曜日、
  肺病やみの母親とたった二人の家にゐて、
  ひとりせっせとリイダアの独学をする眼の疲れ……

  見よ、今日も、かの蒼空に
  飛行機の高く飛べるを。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント